赤坂見附駅

青山通り歯科【矢島院長】(港区・赤坂見附駅)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青山通り歯科

 地下とは思えない、快適な診療スペース

青山通り歯科の特徴を教えてください。

患者さんに建物の地下であることを感じさせないよう、工夫しているところです

例えば、太陽光のような感じになるよう照明は温かめの色のものを使用しました。
他にも、音響効果を考えてスピーカーは質の良いものを選び音で空間に広がりを持たせることで、患者さんに閉鎖感を与えないようにと考えました。

また、診察室はスペースに余裕を持たせるとともに、バリアフリー設計にもなっています。
ベビーカーや車いすの方もそのまま診察室の中まで入って来られます。
お母さんや付き添いの方も、診察ユニットのそばに座っていただくことができますから、患者さんの緊張も和らげられると思いますよ。

当院ではデジタルレントゲンを使用しています。
デジタルなので、撮って画面に映せばすぐ患者さんにお見せできることが良いところですね。
「今撮ったのがこれですよ」と言うと、「もうできたんですか!」と驚かれる方もいらっしゃいます。

院内の衛生管理にも細心の注意を払っています。当院では基本、すべての器具を一つ一つパッキングするようにしています。クリニックの開業時から手伝ってくれている歯科衛生士さんが、そうした衛生面に非常に精通していたことも助けになりました。
器具の滅菌をここまで徹底している歯科医院はそう多くないと思いますよ。

見た目に気遣った、最適な治療

矢島先生のご専門や得意な治療分野を教えてください。

予防歯科や審美歯科に力を入れていますね。

勤務医時代にお子さんの患者さんを多く診てきたこともあり、小児歯科も得意です。
当院では子ども用の入れ歯を作ることもあるんです。
子役のオーディションや写真撮影、舞台などといった理由で依頼されることがあります。
作ってから1~2週間ぐらいしか使えない一時的なものですが、ニーズがあるんです。

もちろん得意分野にとどまらず、歯科全般にオールマイティーに対応できるよう経験を積んできましたので、どんな内容でもお気軽にご相談頂ければと思います。

また、審美歯科においてはかぶせ物の素材にこだわっていまして、皆さまに質の高い素材をご提案するようにしています。今使っているものは、従来の陶材よりも5倍丈夫と言われている材質のものです。

保険診療と比べれば費用はかかりますが、少し費用をかけてでも長く持つものを入れたほうが、長い目で見たら患者さんにとって良い事だと思うんです。
ただ勿論、当院は保険だけでの診療も可能ですし、事前に予算も相談の上で治療は進めていきますよ。

ホワイトニングについては、パイオニアとして知られている先生の下でかなり勉強してきました。
当院では、マウスピースを使用するホームホワイトニングを推奨していますが、どうしても色が変わり難い歯の種類や状況もありますので、そういった場合は別の方法をご提案することもあります。

プライベートはアクティブ

矢島先生は、プライベートな時間はどのように過ごされていますか?

スポーツでは、夏場はダイビング。冬場はスキーをやっています。僕は長野県出身で、父が大学のスキー部で競技をしていた事もあり、幼い頃から気がつけばスキーを履かされて、真っ黒なヘルメットをかぶりながらゲレンデを滑っていました。
大学時代も時間があればスキーやダイビングをしてましたね。

今でも年間20日ぐらいは雪山に行ければなぁと思ってます。場所は長野や新潟が多いですね。

でも、たまには北海道やカナダみたいな贅沢な山にも滑りに行きたいです。カナダにはこれまで2回行った事があるんですが、
実は偶然、レストハウスで長野オリンピックの時のスノーボードのカナダ人金メダリストと仲良くなったんです。
僕はオリンピック当時、中学生でしたが、地元で開催されるという事で全校で競技を見に行く行事があったんです。

その時、目の前で表彰台に上がったかつての選手と、今では毎年「Happy New Year!!」なんてメールを送り合ってるんです。不思議な感覚ですよ…。因みに、この事を話し出すと止まらなくなりますよ(笑)。

また、プロのカメラマンもやらせて頂いているので、時折、宣材写真や物撮り、ウェディングの撮影を依頼される事もあります。

 歯科医師を続ける動力になる「笑顔」

矢島先生がやりがいを感じる瞬間を教えてください。

017以前勤めていた病院で診た年配の患者さんのエピソードを例に挙げさせて下さい。
その方は歯医者がとにかく嫌で、奥さんに「いい加減に行ってきたら!」と言われて、嫌々ご来院されました。
僕が担当させていただくことになり、雑談を交えつつ少しずつ仲良くなっていきました。

その方は抜く必要のある歯がありましたが、歯を抜く当日はとても暗い顔をして診療室に入って来られたんです。その時にはもう歯もぐらぐらしてましたので、サッと麻酔してピッと抜いたら、「あれっもう抜けたの、やったー!」と無邪気に喜ばれて…。

その後、僕が不在の日に、他の担当がつくことがありましたが、後日わざわざ僕のいる日に予約をしてくださって、「俺はやっぱりあんたがいい!」と言ってくださいました。
その時はうれしくて泣きそうになりましたね。この仕事をやってきて良かった!という実感がありました。

こんなケースみたいに、治療に時間がかかったり、いろいろと苦労をしたとして、最後に患者さんが最高の笑顔をくれた時が、歯科医を続けていてよかったな、と思える瞬間です。

 最後に読者へメッセージをお願いします。

人と人とのコミュニケーションを大切に診療にあたっています。

きっと「歯医者が恐い・苦手」「どこの歯医者に行ったらいいのかわからない」と言った方々の、これまでの歯医者のイメージを変える事が出来ると思います。入り口も少々入りづらい印象の病院ではありますが、是非一度足を運んでみてください。

矢島 昇悟 院長 経歴

1982年 東京都に生まれる。3歳から高校時代までを長野県で過ごす。
2007年 日本歯科大学 生命歯学部卒業後、埼玉県羽生市にある木村歯科医院へ勤務。
その後、文京区の後楽園デンタルオフィスなどのクリニックで幅広い経験を積み、
2015年7月より港区 青山通り歯科 院長に就任。


日本顎咬合学会 会員
アンチエイジング学会 会員
日本口腔インプラント学会 会員
IPOI(近未来オステオインプラント学会)会員
LDA(Leading Dentists Association)所属
米国ASDA(American Society for Dental Aesthetics)学会参加

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青山通り歯科(港区・赤坂見附駅)

【住所】
東京都港区赤坂4-9-25 新東洋赤坂ビルB1F
【電話番号】
0066-97513-86000 (電話受付・無料通話)
【受付時間】
月・火・水・木・金
10:00~13:00/14:30~19:00
【休診日】
土曜・日曜・祝日

青山通り歯科の詳細情報を見る

コメントを残す

*