岡崎駅

ほっしょうじ歯科【近藤院長】(岡崎市・岡崎駅)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
interview_150225_main02

地域に密着した暖かい医院。患者様の不安が少しでも和らぎ笑顔にかわりますように。

ほうしょうじ歯科の特徴について教えて下さい。

m5678786_hossyoujisika_066当院の特徴といいますか強みといえば、常駐スタッフは皆「予防処置、保健指導のプロフェッショナル」である歯科衛生士ばかりなので、予防や歯周病治療には自信があります。予防や歯周病の診察や治療、指導などが多いものですから、スタッフが治療台で作業していることの方が多いかもしれませんね。
うち(ほっしょうじ歯科)のスタッフは僕も含めみんな元気で明るい人間ばかりです。誰にでもフレンドリーに接して、少しでも患者さんの不安や緊張を取り除くための心がけとして、あえてこちらも構えずありのままで対応させていただいています。もちろん、ふざけた態度で対応しているわけではありませんので悪しからず。

ほうしょうじ歯科の皆さんが心がけていることは何ですか?

interview_150225_img01丁寧な治療と丁寧で分かりやすい説明を心がけています。
簡単で当たり前のような事ですが、これがなかなか難しいものです。患者さんの現在のお口の状況やなぜこの状態になってしまったかという背景など様々な情報を患者様としっかりお話しすることで聴取します。それをもとに、歯科医師またはスタッフから病状説明と今後の治療計画を立てていきます。その際、歯科医師やスタッフの判断だけではなく、患者さんの意見や納得を得て次の段階へ進みます。その時、その状況下で患者様に一番合った最善で最良な方法を一緒に相談しお互いが納得し合い気持よく治療に臨むことが一番大切だと考えています。

歯周病治療に自信があるとのことですが、詳しくお伺いできますでしょうか。

まず、歯周病とはどんな病気か知っていますか?

-上手く歯が磨けてない部分から細菌感染して炎症が起きる病気ですよね。

そうですね。歯周病は歯と歯肉の間(歯周溝と言うんですが)の掃除がきちんと行き届いていないとその部分に多くの細菌が蓄積し歯肉に炎症が起こり発赤や浮腫が生じるんです。この時、痛みは感じられない場合がほとんどです。それがだんだん進行すると、歯と歯肉の境目が深くなって歯を支える土台である歯槽骨が溶けてしまい歯が動くようになるんです。
最悪の場合、最後は抜歯をしなければいけなくなることも少なくはありませんね。
実は、日本人の80%以上は歯周病にかかっていると言われているのをご存知でしたか。しかし、ほとんどの人に自覚症状がないから身近に感じることが難しいんです。そのせいで、歯科に行った時にはもう手遅れというケースの患者さんもたくさんいます。

具体的な歯周病の原因や、歯周病になりやすい生活習慣って何なのですか?

m5678786_hossyoujisika_063まず、歯周病の原因はプラークという歯の細菌のかたまり汚れ。つまり、歯垢のことです。
ただの汚れや食べ物の残りカスではありませんよ。その汚れに細菌がついて繁殖した状態のことです。
プラーク1mgの中には約10憶個の細菌が住みついていると言われているので、歯周病や虫歯の原因になるのも分かりますよね。

さて次に、生活習慣についてです。
最も問題視されるのはタバコ。タバコに含まれているニコチンは血流を悪くしてしまう特徴があるという話は誰もが耳にしたことがあるでしょう。そのため身体の抵抗力が落ちやすく、歯周病の原因となる菌が繁殖しやすくなってしまいます。また、ニコチンを含めた多くの有害物質が歯垢と一緒に歯に付着してしまったり、唾液の分泌量が減ってしまう原因にもなるんですよ。
次に、糖分の過剰摂取やビタミン等の欠乏も歯周病に繋がる要因の一つです。
これは、糖尿病の原因ともなるので、早めに改善していきたい習慣ですね。
糖分の一日の摂取量が一定量を超えてしまうと、どんなに毎日の歯磨きを頑張っていても歯周病の改善には繋がりません。
糖尿病にかかりやすい生活習慣は歯周病にかかりやすい生活習慣と言っても過言ではないでしょう。
最後に、口呼吸です。
細菌は乾いた環境で繁殖しやすいものです。ドライマウス(口腔乾燥症)になりやすい症状でもあります。口呼吸や水分補給の不足などで口腔内が乾燥しているというだけではなく、唾液の分泌がされにくい状態となってしまい、歯周病にもなりやすくなってしまうんですね。
もちろん一様には言えませんが歯周病の患者様で多く見られるものをご紹介させていただきました。

ずばり、歯周病って治るのですか?

m5678786_hossyoujisika_053歯周病は予防も治療も可能です。
大切なのは、歯周病の原因を増やさないことですね。
・正しい歯ブラシの方法で毎日歯をしっかり磨き清潔な状態を保つこと。
・歯肉の溝の中にまで入ってしまっている歯垢を完全に取り除き炎症を引き起こす細菌を徹底的に取り払うこと。
・うがいで口の中を洗浄すること。ドライマウスや口臭の予防にもなりますね。
・歯科衛生士による専門的な指導やメインテナンスを定期的に受けること。

歯周病は初めの頃には痛みなどの症状は感じられないものです。
病状が進み末期なるにつれ痛みや発赤、浮腫等の症状がひどく出てくるのです。
それが歯周病の一番怖い部分で、最大の特徴ともいえるところです。
定期的な健診やメインテナンスは面倒だと言われる方が多いですね。しかし、よく考えてみましょう。人ごとではありません。自分も歯周病の要因を持っているかもれませんよ。

最後に先生が歯科医師になった「きっかけ」や「やりがい」を教えて下さい。

interview_150225_img02僕は、小さい頃歯医者さんが苦手だったんですよ。何件も歯医者さんを変えていましたね。問題児でした(笑)。その中で、ある歯医者さんに出会ったのがきっかけでした。
その歯医者さんはとっても優しくて、いろんな話をしてくれました。子供ながらに、いいなと思いましたね。
その先生は、僕の歯科医師になるきっかけではありましたが、一番のきっかけは、歯医者が苦手というところでしょうね。
自分が怖かったから、口の病気にらないようにしたいと思ったんだよね。そこで考えたのが、専門家になればいいんだということ。単純ですよね(笑)。でも、その動機が一番大きいです。けれど歯医者さんが怖い、口の病気が怖いという患者様の気持ちはとてもよく分かるので、患者様の気持ちをよく考え、尊重し、患者様お一人おひとりに寄り添った治療を心がけています。
歯科医師になってからのやりがいは、患者さんとしてうち(ほっしょうじ歯科)に通っていた子たちが歯科衛生士となって戻ってきてくれることですね。
僕やスタッフとたくさんの話をする中で、歯科衛生士という目標をもって学校へ通い、ほっしょうじ歯科のスタッフの一員としてここへまた通ってくれていることがとてもうれしく思いますね。そんな子をみると、これからも頑張ろうとやる気が出るんですよ。

ほっしょうじ歯科スタッフ一同いつでも患者様をあたたかくお迎えいたします。
様々な患者様のご期待に添える様、これからも、患者様の素敵な笑顔のお手伝いのために日々精進してまいりますので、些細なことでもかまいません。一度当院へご相談下さい。

※記事の内容は2016年6月時点になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほっしょうじ歯科(岡崎市・岡崎駅)

【住所】 愛知県岡崎市法性寺町柳之内11-1 【電話番号】 0066-97513-78673(初診受付・無料通話) 【受付時間】 月・火・水・金 9:00~13:00 15:00~19:00 土 9:00~13:00 14:00~18:00 【定休日】 木曜・日曜・祝日

ほっしょうじ歯科の詳細情報を見る

コメントを残す

*